M.A.Y. blog

札幌のTRPGサークルM.A.Y.のブログです。

おしらせ

2006年7月30日(日)コンベション開催決定!
このたびM・A・Yでは、久しぶり(10年ぶり!?)にコンベションを開催することとなりました。
当日は「ウィザードリィ」「ガンドッグ」「迷宮キングダム」ドラゴンォーリア」「スーパーロボッット大戦」などを予定していますので。どうぞお気軽にご参加下さい。


次のセッションは上記7月30日(日)となります。詳しくはこちらへ

 <原稿提供者のみなさま>リプレイ小説、アースドーンの連載が終了しました。記事を提供いただきMAY一同、この場を借りてお礼申し上げます。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | スポンサー広告 |TOP


セッションログ-第3回「滅びの村」

セイリュウさん提供

冒険の舞台:サーペント川中域~ファゾム村
参加メンバー:グレイ、ヒューイ、ランバル 
      
     〔ストラッサ月21日〕

 地下道から出たPC達は付近を探索し、コーキャヴィク山脈を越えた場 所にいることを知る。とりあえず、サーペント川を目指そうと出発する。途中、行き倒れの老人ストーンヒルを助け、クロージェンの群れと対決 する。戦いの音を聞きつけ、近くの町(タンシアーダ)から来たランバルと 出会った(彼はストーンヒルを迎えに来たのだ)。


   町で一息をついたユリエルとグレイは、さきほど森で見かけた謎の女性 のことが気になっていた。ユリエルの意見でパーティはその女性を見つけ るために川船でウルパ方面へと向う。

 途中でリバースティード(川竜)に乗ったり、マングローブ・イール(樹立 ウナギの群れ)に絡まれるという楽しいイベントがあったのは言うまでも ないw。

 陸地でその女性を見つけ、追っていくとパーティはさびれた村に到着し た。村にはブレダというオークの女性ひとりしかおらず、怪しむ一行。
ブレダの頼みで村の調査を開始する。夜中に特殊なカダヴァーマン(ブロ ーデッド・ワン)に襲われたり、村の少年を発見したりしたものの、何の手 がかりも得られない(彼らは井戸を調べるの忘れていた;)。

 そうしているうちに、ランバルとヒューイが“詐欺師 ”という名のホラーと 入れ替わっていく。最後にはグレイとユリエルだけとなったが、グレイの 仲間の特徴を見抜いた看破によりホラーを打ち破った。

<終>
スポンサーサイト
18:56 | トラックバック:0 | アースドーン |TOP



トラックバックURLは http://trpgmay.blog28.fc2.com/tb.php/12-f2b57e8c

トラックバック


コメント


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

ブログ内検索

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。