M.A.Y. blog

札幌のTRPGサークルM.A.Y.のブログです。

おしらせ

2006年7月30日(日)コンベション開催決定!
このたびM・A・Yでは、久しぶり(10年ぶり!?)にコンベションを開催することとなりました。
当日は「ウィザードリィ」「ガンドッグ」「迷宮キングダム」ドラゴンォーリア」「スーパーロボッット大戦」などを予定していますので。どうぞお気軽にご参加下さい。


次のセッションは上記7月30日(日)となります。詳しくはこちらへ

 <原稿提供者のみなさま>リプレイ小説、アースドーンの連載が終了しました。記事を提供いただきMAY一同、この場を借りてお礼申し上げます。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | スポンサー広告 |TOP


セッションログ6~7話の補足

セイリュウさん提供

 第6話で、エリスの策略(笑)により、パーティに飛空船が手に入ります;。
エリスは[値段交渉]を使って貿易品を購入。GMは各地の相場を決める
ことに…;。また、この時点で航路の実際の距離を求めなくてはいけませんでした。距離を求めるとEDの世界がしっかりしてきますよ♪
(英語版【バーセイヴ】のマップと物差しを使用)

 飛空船を駆り、一人でゴリアテの囮となったランバルのために、7話の始めにランバルのシーンを行いました。


外伝「ランバルの冒険」 


 ゴリアテが火砲を撃ってくる中、ランバルはなんとか逃げ切った。ランバルのPLは、シタデルから操船してきたガレー船を売却しようと考えいたので;、その船は受けたダメージを理由にセルヴォス・ジャングル
に墜落(笑)。

 墜落してまもなく、飛空船は原住民のケイヴ・トロール達に囲まれてしまう。(【バーセイヴ】と【Can I さんのリプレイ】を参考)
ランバルは船のバリスタを使おうとするが、トロール達の中から制止の
言葉が飛んでくる。その言葉を発したのは、部族の副リーダーのラシー
ダだった。ラシーダはジャスプリーのクエスターであり、共通語も話すことができるというのだ。

 ランバルとケイヴ・トロール達は和解し、彼らの“家”に案内されることになった。そのさい、ラシーダはクエスターの力を使って、周りの木々を“動かし”飛空船を隠した。

 …ラシーダの話では、彼らが地上に出てきたとき、長であったガーダックは洞窟の生き物のために獣使いに、ラシーダは自然を守るためジャスプリーのクエスターとなったそうだ。1年前、ガーダックはあるヒューマンの女性と出会い、洞窟のクリーチャーを守るため力を貸してほしいと誘われ、部族を去ったという。ラシーダは、彼を見つけたら連れ戻すようランバルに頼み込んだ。

 そのとき、一人のトロールがでかい飛空船が上空にいると知らてきた!ランバルはラシーダから友情の証「ケイヴ・アックス」を受け取り、飛空船に向かう。そして、飛空船に取り付けてある飛空挺(エアボート)に乗り込んだ。ストライダーズの追っ手2人を倒し、スロールへと目指すのだった。

************************************************************

★ 後にデスの鍵“四天王”の一角として出てくるガーダックは、【Throal Adventures】の「Purloined Provisons」というシナリオの中ボスの
ケイヴ・トロール獣使いをモデルにしています。
(そこでの彼は第3サークルでシャドウマント使いでした)



スポンサーサイト
13:51 | トラックバック:0 | アースドーン |TOP



トラックバックURLは http://trpgmay.blog28.fc2.com/tb.php/37-02a93119

トラックバック


コメント


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

ブログ内検索

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。